上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物事を単純化して捉える。
物事を複雑化して捉える。

まぁ、何でも良いわけだが……。

マクロ的な視野とミクロ的な視野を使い分ける能力が多くの人間にはあって、

その順序と言うか、切り換えと言う奴がズレている。

普段会う友人には気合いを入れた服を着ていくのに、面接や仕事にはだらしない格好で行ってみたり……。

酷く自己に近い面では見栄を張り、自己から遠ざかる程に見栄を放棄したり。

痛みに弱いのも、寂しさを極端に恐れるのも、

まるで脅える小動物の空元気の様な。

原因は、情報化社会によりミクロとマクロが人間からかけ離れてしまっているからではなかろうか。

ミクロの世界に少しでも目を向けたなら、綺麗に開拓されて舗装去れた原子分子への道が果てもなく続いており、

マクロの世界へ目を向けたなら、人は宇宙の塵である。

まぁ、それは比喩だが。

中学生くらいにもなれば、自分が数億の日本人の中の一人で独自性など欠片もありゃしない事を知る。

本能的に察知する。

故に精神を守る防衛本能から、より強く個性を保つ事に必死になり、自分が没個性的であると自覚させるモノを遠ざけるようになる。

それは、防衛本能からの無意識的な側面を強く持ち合わせる。

だがまぁ、どんなに着飾ったところでマクロ的な視点の前では没個性にならざるを得ない。

私だって、地球に生えた黴みたいなモノだ。

反動でミクロ的な視点を見たところで多くのケースから漏れること無く、むしろマクロ的な視点からの没個性を知るからこそ他人と自己との間にあるどうしようもない溝というのを自覚させられてしまう。

そしてそれも、頭で理解するよりも前にいち早く本能が警告する。

本能的に自我を守ろうとし、それらの情報を遠ざけるのである。

見てしまう前に、危険の気配を察知して逃げるのは間違ったことではない。

それら、無意識の領域からくる人間の本質の様に思えてならない。

それを考えると、私もその本能に強く支配されているし、人の性格とはそれら本能がどの様に危険から自己を守ってきたかという過去の集大成ではなかろうか。

私が日記を書くこと自体も好きとか嫌いとか以前の無意識レベルでの自己防衛に他ならないわけだ。

極端に言ってしまえば、

楽しいと思えるように防衛してきた。

と言うことだと漠然とだが思う。

この日記を見て不快に思う人も多いだろうが、それも自己の世界を守るための、

生きるために必要な無意識的な生存本能だとおもう。

故に誰が何をしようともそれは各個人が生きていくために必要な行為である。

知ろうとしないのも、逃げるのも、生存本能だと思えば許せる。

また、他を受け入れられないのも排斥しようとするのも、他を受け入れるのも同化しようとするのも生存本能である。

知ろうとする行為ですら、自己を保つための防衛行為に他ならない。

私が知ろうとするのも、知らなければ許容できない故のモノだ。

イチイチ苦しい思いをし続ける要素を放っておいて苦しみ続けたくないのである。

人には決着をつけない方が苦しまずに済むのだろうが、私は決着をつけないほうが怖くて苦しい。

まぁ、電波的に言うなら、人の原点を探るということだろうか?

プラスでもマイナスでもなく、ゼロ。

原点である。

この原点には一切の例外も無く、全ての人に適応される原点だ。

それが分かれば、人と接する上で未知が無くなる。

原点と現在を繋げばそこが線となり、誤差はあっても範囲内に収まる。

その、人の持つ複雑さの収束している点を見つけられたからこそ、私はやっと20年近くの束縛から脱して前に進めるのである。
スポンサーサイト
苦しみの中にしか生きる喜びを得られない。

血が、奮えと叫んでいる。

闘いたい。

闘いたい。

闘いたい。

もっと、痛みが欲しい。
オウミヤの性質は……。

恐らく、短距離走者。

体力は有るが精神的持久力が異質である。

常に未知領域にアプローチし続けないと腐る。

限度無く腐る。

同じことの繰り返しだと思った瞬間、走っている最中だとしても飽きてどうでも良くなる。

逆に、他の人から見て同じことの繰り返しだとしても、自分にとって未知であれば楽しく、いつまでも続けられる。

そう、でなければ飽きるのである。

英語もしかり、仕事もしかり、ゲームもしかり。

食事ですら食っている最中や食う前に飽きたりする。

私の世界は、未知へ挑む楽しさでしか回っていないとも言える。

やーー。

新しい仕事が入ると楽しいなぁ。
心が世界に溶けて行く。

自身の存在が希薄になってゆく。

もう、死にたいとさえ思えなくなった。

過去、自分がなりたくなかった汚い大人がここにいる。

しかし、そんな私も無知な餓鬼のままだ。

私は産まれ落ちた時より陽の光を浴び、孤独になった。

故に、この孤独を埋められる誰かに出会うまでは、私の孤独は埋まらない。

共に在り、共に死ぬ。

溶けた心は離れない。

死が二人をわかつまで。

この世界と、共に生きよう。
こんなんを何年も続けてるんか?。

朝5時から、25人分の集めた名簿・研究計画など、計80ページ分の

編修をしていました。

手際が悪くて3時間かかったけど、これで大丈夫かなぁ。

まぁ、細かい文章チェックは日記でやってたから全くやったことが無いってよりゃ慣れてるけど……。

誤字脱字まで見きれないよ……。

しかしまぁ、これで原稿の方は大丈夫っぽいから、今日は明日の会議に備えて色々と準備。

明日が本番。

取りあえず、髪の毛切って髭剃ってYシャツ着て……。

さぁ、頑張ろう!!

明日が決戦だ!!
まぁ、なんだかんだ言いつつも仕事をする様になってから2週間。

生活も精神面も安定してきている。

まぁ、初めの内は一生懸命だから当然だわ。

この緊張感……。

毎日が充実しているね。
久し振りに仕事の話なんだけど……。

ド忘れ+勘違いで、軽く錯乱。

まぁ、メールやらデータやらを確認して気が付けたので既に対処したが正直、綱渡り。

またもや肝が冷えた。

もし、寝る前に再度確認しなかったら冗談抜きでミスってたわ。

てか、親父がノートパソコンとモバイル端末を持ってきてくれてなかったら、完全に気にせずスルーして1~2日作業が遅れていたな。

つまり、濃厚な死亡フラグ。

もう、親父の実家にいるのに、頭は仕事モードですよ。

親父の実家、ネット回線を引っ張ってないどころかパソコンすら無い。

実は、ネット回線が来て無いってのは地方じゃ普通なわけだけれど、

それじゃ仕事が出来ないわけだ。

ネカフェでやるにしたって、別のことをやっている時とかの、

ふと気になった時に即座に仕事の確認を何度も出来る様にしておかないと……。

リトバスやってる時に突然メールが気になって確認したり、アニメを見ている時に突然、今やる方が良い予定があったことを思い出したり、

そういう時に突然思い出すことってのが、大概の場合は命を救う。

よりによって、休暇中でネット回線がねぇのに、

「今日までに出欠確認の取れなかった人へ、明日催促しといて。んで、明後日に教えて」

とかいう内容のメールが来てたり……。

本当、一発で完璧にこなせるほど仕事が出来るわけじゃねぇから、何重にも安全確認を出来る様にしておかなくてはならない。

普段はパソコン完備、ネット完備な状態じゃなきゃ生きて行けないオウミヤですので心配は無いんだけど、

親父の実家に帰ってきたときはパソコンのファンの音から離れて、癒しを満喫するわけだ。

ちなみに、明日は、安城から奥飛騨へ行って、温泉入ってから旅館に行って風呂に入り浸って一泊。

午前中に松本へ下りて、そっから特急で東京へ。

多分、昼の3時か4時には研究室へ行けるはず。

写真、撮りまくります。

携帯を開くのが日記モードのスイッチであるように、

メモ張に「やらなきゃならないこと」を書き出すのがオウミヤの仕事モードへ切り替えるスイッチ。

パソコンでメールを確認するのは日常だから、スイッチにならない。

携帯を開く=日記投稿

手帳を開く=仕事整理

まず何をやるんだったか思い出して行く事でエンジンをかけ、

2・何日何時までにやらないといけないか?

3・そのための前提条件は?

4・一日でやれる時間と順番は?

6・出来なさそうな時にヘルプを出す当てはあるか?

7・何が起こったら出来なくなるのか?

8・予想以上の展開に何処まで対処できる余力がある?

と、書き加えて行く。

ギアを上げていく。

で、ギアを上げる中で項目が増えたり条件が増えたりして行き、分からなければすぐさま聞けたり解決する様に行動を取る。

それが出来ないなら、項目として追加。

勉強じゃ出来なかったクモの巣がメモ帳に出来上がる。

うーむ。

絆の戦術を考えているみたいだ。

現実もゲームも、攻略するためのプロセスなんて、大して変わらないってことだろうな。
婆さんと、見ていたが……。

無理。

一人、頭の良い奴がいれば簡単に解決するというのに。

話が話として始まる前に決着をつけるからこそ面白いんだよ。

分かりきった事をグダグダと引きずるのは糞みたいでどうにも……。

話がシンプル過ぎる。

あー。

つまらん。

死んだ爺さまの……、
隣にいる婆さんの……、
どっかで仕事をしている親父の……、
母の……、
姉の……。

人間のままで化け物をやることが出来ない。

私が、皆と同じ人間として暮らすには、

自分の内に潜む化け物共の血を、自らの力として呑み込まなければ。

親父の生を、祖父の生を越えて、

満たされる苦しみから解き放とう。

勝ち続ける苦しみから解き放たれたい。

普通になりたい。

普通の事を普通に、普通に普通に普通に普通に普通に

違和感も持たず、当然のこととして、誰かを蹴り落としていることにも気が付かず、

当然のことを当然にやる苦しみに満たされて幸せに生きたい。

自分と、向き合いたくない。

何故、私は、普通のことをやるのに、いちいち理由が必要なのだろうか??

自分が異常と思うモノにしか、普通を感じられない。

あー。

つまらん。
お話の中に出てくるキャラクターのことは良く分かる。

何故なら、分かるように描かれているからだ。

昔は、それが分からなかった。

自分が一番その登場人物達の気持ちを理解できると思っていた。

物語の中の登場人物達は、どのキャラも魅力的で、個性に溢れていた。

そうなりたいと思った。

ゲームの中の、小説の中の、現実では無いキャラクター達を模倣したなら自分も輝けると思った。

物語の登場人物達は、どんな想像を絶する過酷な状況でも立ち上がり、必ず最後は何かを勝ち取っていた。

失ったモノを乗り越え、得られなかったものを勝ち取り、後悔を乗り越え、前へ前へ。

しかしまぁ、現実は現実。

現実と仮想の区別がついていない人間が、現実世界で上手く行くわけもない。

一番最初の間違いは、常識に理由がなければ理解できなかったことだろうか?

理由があるものは常識ではない。
理由など省略して成り立たねばならないのが常識であり、モラルである。

例えば、

「女性は男性よりも丈夫ではないから殴ってはいけない」

そもそも、女性よりも華奢な男が沢山いた。

ので、女性が丈夫ではないと言うのが分からず、丈夫ではないと何故殴ってはならないか分からず、何故それだけで皆が納得出来るのかが理解できなかった。

それが、高校まで続いた。
何故、勉強しなければならないか分からなかったし、好きなモノはやったがそうでもないモノはやらなかった。

テスト勉強の必要性も分からなかった。

別に、留年しても良いと思っていた。

留年しようが単位が取れようが、今でもどうでもよい。

正直、理屈の分からないモノは理解の端を掴むことすら出来ないのだから、ヤル気すら起きない。

逆に、屁理屈だろうと納得さえ出来ればそれで良かった。

ので、現実と仮想の区別がつかなかった。

納得できれば、それは常識なのだ。

どんなに漫画の様なことでも、理屈が通れば現実であった。

どんなに現実でも、理屈が通らなければ私にとっては仮想だった。

さて、閑話休題。

人が常識を得るには、危険を感じなければならない。

常識を破ることで被る害を感じ取れなければならない。

例えば、親の言うことを守らなければ怒られる。

クラスメイトが嫌がることをやれば避けられる。

それを直感的に感じとる能力が、本来ならば備わっているのだ。

さて、話を戻すと、

まぁ、今は流石にそういうのも分かるんだが……。

問題なのは、それが得ようとして望んで得た能力だと言うこと。

そして、それを得るための教材が小説やゲームであったこと。

小説の主人公の様に、人と和を持って接したら、友人が出来た。

会話をすることが出来る、現実の人間と接することができた。

仮想が、現実へと変わるのである。

逆に、他人が経験したことですら、体感するまでは仮想であり妄想であるということを、知っている。

「嘘だwww」

と言うやつだ。

仮想と現実の境目は曖昧で、何かが変われば容易に現実は仮想へ、仮想は現実へという逆転が起こる。

予想が当たった瞬間、仮想は現実になる。

体験したことならあるだろう。

その、現実の形は人それぞれ。

人にとっては仮想でも、別の人にとっては現実である。
私が今、こうして生きているのは、

やっぱり家族との絆があったからこそだよなぁ。

人の命を繋ぎ止めるのは、最後の最後は人と人との絆なんだよね。

当たり前のことが当たり前に出来ないってのは、やっぱり苦しくて死にたくなるんだわ。

死に近付くことで、強烈な快楽を得られるから。

楽しくて嬉しくて、悲しくて寂しくて、それを全部吹っ飛ばしてくれるから迫りたくなる。

こんな平和な世の中だと。

ほんの少し、それを転嫁させてやるだけで、何でも出来る。

些細なことで満足できて、幸せを感じれる。

今は、この幸せを、満喫しよう。
理由らしい理由は、実はいらなくて、最後にグニャリぶつりと押し込めるかどうかで、私は出来なかった。

出来ていたら、既に墓の中か務所の中である。

他人を殴りつけることはしなかったが、良く機会があれば他人を殺せる様にはしていたし、それが中学高校の時期に現れる特有の思春期だと言うことも何と無くわかっていたので、そこから脱け出して特別であると言う証拠が欲しかった。

腕も良く切っていた。

自分の肉に刃物を突き刺して血が流れているところを見ると安心した。

そしていると、血が飲みたくてしょうがなかったし、だんだんと血を飲むために腕を切る様になった。

そのうち、血だけでは満足出来なくなったので、切って八重歯を突き立てて肉を食う様になっていた。

自分の皮や脂を食ってはいたが、他人の肉を食いたいと思っても思い止まる理性はあった。

結局、中学高校生に特有の精神状態に外れることなく、

ただ、誰かに認知してもらいたかっただけだったのだが、

姉が大学へ合格し、独り暮らしをする時になって、

いつもの日課でくちゃくちゃと歯をつき立てていたら、姉に目撃され、

「お前がそんなんじゃ、心配で置いて行けないよ!!」

と、胸の中で泣かれた。

それ以来、我慢出来るようになった。

衝動自体は昔と変わらずにあるし、人を見るとまずどんな味がするのかを想像してしまうのだが、別段、普通の中2病の延長である。

今でも、特に理由もなく腹一杯に食ってみたいと思うが、そういうのはコンビニで大量に飯を買ってきて誤魔化せる。

既に好奇心なのだと思う。

鮮度の悪い血は恐ろしく臭くて不味いが、溢れ出す新鮮な血は独特の興奮と快楽を伴って美味いと感じさせる風味やコクがある。

確か、沖縄の料理に羊の生き血があったはずだ。

まぁ、大した事ではない。

聖書や謎の葉っぱ何かよりも、自己陶酔だけで簡単に快楽を味わえるのである。

麻薬なんざ、所詮は脳内の分泌物を狂わせる為の促進材に過ぎないのだから、んなもんに頼らなくても自分で自家中毒になれる状態を把握しておけば良い。

人間は麻薬に頼らなくてもラリッパになれることを体感して実証してしまっているから。

高校で剣道なんてやっていたが、そういうリスカの自己陶酔よりも大会で対戦相手を本気で壊しにかかる方が気持よかったし。

視界が真っ白になって何も判断出来なくトランス状態になり、気が付いたら勝っていた。

相手が壊れていたことが2度だけあるが、その時の記憶は無い。

ただ真っ白で、物凄く気持ち良かった。

最高に快楽であったと思う。

楽しくない筈がないのだ。

全力で立ち向かっているのだから。

相手に一切気兼することなく、全力でぶつかれることは幸せである。

だからだ、日記では良く言うが、私は殴りたいのだ。

誰か1人でも相手をしてくれるならそれだけで十分。

痛みを飲んでも快楽を求めることが出来るなら、更にその真っ白い世界の先に行けるのだろう。

命をかけて戦えるなら、更にその先へ。

その真っ白い世界の先へ。

諦めたくても、諦めきれないのだ。

常に心のどこかで、あの時の快楽を超える何かが無いかと追い求めてしまう。

そういう強烈な飢えを抱えて生きていたのが数年前の話。

今でも、同じく飢えている。

だがまぁ、それなりに折り合いは着くものだなぁと。

今は、それが普通に全ての人が抱えるモノだと理解したので、こんなもんだろうなぁと言う感じ。

所詮は普通の中2病。

何も分からないガキみたいに、飢えを追い求めていないと生きている実感が持てないのだ。

だから、無茶をやって飢えを小出しに転嫁させてやって、ほんの少しの生で満足するしかない。

悲しんで心配してくれる家族がいることを知ってしまったのだから、勝手に死ぬことも出来ん。

良く良く思うのは、

自分の為に生きようと思ったらそういう道を求めるしかなく、

それでは愛する家族を悲しませてしまう。

だから、他人の為に生きたいと思う様にしてきた。

空回りばかりだが、一番やりたいことが出来ないから、それよりは楽な方を選んでいるだけだったりする。

私が生きる延びる道は、自分の為に何かをやることではない。

やっばり、本当にやりたいのは、死ぬリスクを背負っても、その先の快楽を求めることなんだよなぁぁ。

やればいいじゃんって?

悲しむ家族がいるのを知っているからさ。

自分を攻めるちゃう家族がいるから。

そういうのに繋ぎ止められているから、それがあるうちはぶっちぎって死ねるほど優しさを知らないわけじゃない。

厳しいようでも、見守って、俺の綱渡りに付き合ってきてくれた家族を裏切れないでしょう。
何もやることが無くて、ただ待っているのが一番疲れる。

それでお金が貰えるって言うのは楽で良いようだが、面白くはないんだ。

なんか仕事を見付けないと。

今日はUSBを忘れたせいで色々とやることが無かったし。

明日はどうするかなぁ。

まぁ、やってしまうか。

やることは色々と有るものな。

うーむ。
楽な仕事じゃねぇなぁ。
何かを失うときは、必ず、


必ずだ。


自分に負けた時である。

自分に敗れた時だけだ!



例え他人に何度敗れたとしても、
自分にさえ敗れなければ何度でも立ち上がれる。

例え他人に何度勝とうとも、
自分に勝てなければ何も得られない!!


先ず、自分に勝て!!

話はそれからだ!!



自分にさえ勝ってしまえば、

他の誰に勝つ必要もない!!

何故なら、自分に勝てる者は必ず他人にも討ち勝てる様になれるからだ!!
まあ、親友なんだろうな。

タコとタクトとの付き合いは案外長い。

もう3年になるか。



高校や中学が3年である事を考えると、まぁ、それなりに付き合っている事になる。


まぁ、あれだろうな。

タクトが陰。

私が陽。

タコが中庸なんだろうな。



だから、カッチリ上手くハマるのだ。

お互い、3者3様に頑固である。

似通った馬鹿さとでも言おうか。



タクトは、陰の中に陽を抱えているし、

私も陽の中に陰があるのは、日記を読んでいる人ならばご存じだろう。

タコは、キチンと自分の中庸と言うモノを自覚しているので、何だかんだで振り回しても断る所は断ってくる。


役割分担と言うか、気楽にそのままで付き合えるわけだ。

ぶっちゃけると、ハメを外しても、もう二人が抑えてくれるので好きにやれるということかもしれないし。




ので、日記を書くときもその二人の声を聞くときは、それなりに良いものが書ける。

実際にどうのこうの聞くわけではなく、

「タコとタクトだったら、こういう風な感想をよこしてくるだろうなぁ」

とか考えると、それなりに書ける。





だがまぁ、この先も続くかと言ったら、まず続かないだろうな。

いま、そこそこに会う機会があって、摺り合わせをしているからこそ衝突も軽い。




だが、二人とも何だかんだで不器用である。

何故なら、私と付き合いが長いのだから、不器用じゃないわけがないのだ。




たまに心配になるのは、その二人が来年、再来年とどうするのだろうかってぇことだったりする。

少なくとも、俺は研究室に入り浸るし、タコも授業に研究室にとなるだろう。

で、タクトは6ヶ年計画が王手(ある意味で詰み)かかってきているので、死ぬほど勉強しなけりゃ同時に卒業は出来ないだろうなぁと。





と、思っていたのだが、よくよく考えたら心配するほどのことでも無いわけだ。

成る様にしかならんし、たぶん、そのままで行くのだろうな。

タクトも、私も、タコも。





結局、たまたま偶然に大学で知り合い、卒業したら別れてそれぞれの道を往く。

恐らく、社会人になっても今と変わらんのだろう。




タコとタクトは相変わらずだし、たまに会ったとしても、私も相変わらず。

「へー、すごいねー」

とか

「んなもん知らんよ。俺はどうでもいい」

とか

「お前らもやるだけやりゃいいのにwww」



とか、そんな感じになるだろう。

まぁ、二人とも、大概お人好しだからなぁwww

一応は心配するんだが、奴らにとっちゃ大きな御世話である。





そう、大きな御世話。

二人は二人で勝手にやるだろうさっていうwww
仕事……昨日の内に殆んど終わらせてしまった。

1030ごろ会計課に書類を出して終了。

どうしょう。
やることねぇや。
と、疑問に思ったのて調べてみた。

どうやら、骨と骨とを繋ぐモノらしい。

腱ってのが骨と骨格を繋ぐモノ。

筋肉は骨格と骨格を繋ぐモノ?

らしい。

ので、靭帯が切れても歩けることは歩けるのだが、放っておくと骨と骨との位置がズレて酷いことになるとか言われた。

まぁ、やっぱり病院に行って正解か。

つっても、そもそもあまり踵を着かないで生活しているものだから、別段どうってことはない。

まぁ、内出血やら腫れムクミが酷くて歩きにくかったが、それも慣れ。

痛いのは多分、負傷箇所をかばおうとしての筋肉痛だろう。

いやー、普通に生活出来るレベルで良かった。
なんか、バランスが悪いと思ったら……。
ダッシュで階段を駆け降りていたら、

2段飛ばしで滑らせ、やらかした。

踝がテニスボールになりました。
昨日はオープニングまでやって寝た。



今日は、なんとかさささささささが出てくるところまで頑張った。

ふと思う。


あの喧嘩のときに出る戦闘画面。





以下、激しい妄想が続きますが、気分を害され無い方だけが読んでください。

あくまで、これからプレイするものを勝手に妄想して楽しんでいるだけなので、実際のリトバスとは全く関係のこれっぽっちもありゃぁしません。


悪しからず。








どのレベルで殴り合ってるの?????

少なくとも、相手が負傷するまでじゃないよね?



実際、真人みたいな筋肉が力任せに殴るだけでも相当痛い。

喧嘩慣れしたり、剣道をやっている様な奴が殴りあったら、

…………。




でもまぁ、壊すために戦ってるわけじゃなくて、猫がじゃれ合う感じなんだろうなぁ。

私がタクトの腹に指を刺して遊んだりする様な。



そういうのは、基本的にどちらか一方に交戦の意思はなく、

まぁ、悪く言うと虐めだよなぁ……とか。




真人の首にハイキックをかまして気絶させれる様な棗妹が、


何故、ささささささの取り巻きに負けるのかが分からない。

交戦相手と交戦の意識レベルが確定した段階で勝敗なんて確定してしまうモノだから、

「負けた」と言うよりも「手を引いた」と表現してくれた方がしっくり来るんだよなぁ。



初めから戦ってもいないのに、勝ちも負けもあるものなのかと……。






うーーーん。

良く分からない。



第一、学校の4階まで人間一人をぶん投げられる様な二人が、何故に殴り愛で勝ち負けをつけようとするのか。

どんだけ加減して遊んだ戦いなのかと。




そういう加減の出来る人は、基本的に仲介人なんていなくても正しく遊びの上で喧嘩できるから。

もし、本当に白黒つけたいなら、完全に相手をぶちのめして何も出来なくなるまで、身動きとれなくなるまでってのが勝ち負けかなぁ?

あの二人は、それで満足できるのだろうか???







さて、まぁ、そんな感じで現在の感想としては、



・棗兄の卒業(いままで当然だった人がいなくなること)
・剣道馬鹿と筋肉馬鹿の棗兄離れ(自分らで白黒つける)
・棗妹の兄離れ(人付き合いの改善)
・主人公がヒロインとくっ付く(何か精神的に抱えてるモノの落としどころ)



っていうところに話の主題が有る様な気がして、それらがどういう風に展開していくかって事なんだと思うわけだ。

ぶっちゃけ、レヴューを見ていなくてもこれぐらい想像してしまうわけだ。

最初の20分で話の主題と方向性が見えないようでは読解力が怪しいと思うんだよ。



まあ、ヒロインいらねぇんじゃね?

だって、どう考えても話の主題は主人公とヒロインの付き合い自体には無くて、あの幼馴染5人がどういう風に成長なり、成長しないなり、イベントに対して動いて行くかなわけで、



ヒロインと主人公がいちゃいちゃしたところで、最初に広げた風呂敷を回収できるとは思えない。

むしろ、棗妹と主人公がくっつくルートがあったとして、方向性としては



主人公と棗妹がいちゃいちゃ

幼馴染や周囲との関係が微妙に(野球関係も微妙に?)

主人公と棗妹が、なんか動く。
もしくは周りで何かある。

問題が表面化

更に何かあって問題解決。

みんな仲良くハッピーエンド。



という流れであろう。

その流れの中に、上で書いた様な幼馴染の抱える成長ってか、問題点が表面化したり解決したりってなのが絡み合って話全体が構築されているのかなぁ。

でも、あくまで主人公の話は大きいシナリオの内(4~5つの内)、1つ……。

つまり、全体から見れば直接的には20~25%しか割合が無い事になる。





だから、ルート分岐型のエロげーとして、複数のヒロインと絡ませるべき話ではないんじゃないかと思ったり。

この話ならば、むしろアニメなんかで一つの話に持って行った方が余計な伏線を削れる分、主要な話に注意をひき寄せられるから効果的じゃないのかと。




なーんて、最初の20分をやった程度じゃどうなるか分からないけど。





もし棗妹以外のルートでこれら幼馴染の伏線を回収しようと思ったら、そのヒロインに関係したイベントに何らかの形、幼馴染以外という接点で彼ら、主人公以外4人を絡ませねばならず、そうやって展開させようとすると物凄く話の規模がでかくなる上、最初に書いた4つの問題点とは軸がずれてきやすい。


その主軸と(私が思っているだけ)ずれない様な形ですべてをまとめきったとしたら、KEYのシナリオ力は相当なものだよなぁ。



前回のクラナドで言ったら、渚ルートには杏がちょろっと出てきたりする程度で、他のヒロインは初めからほぼ出てこないってな感じだったわけだが、

今回の初期配置では幼馴染が主題であるので、余り主人公とヒロインに話に力を割くと幼馴染そっちのけで展開させねばならず、仮にある程度絡ませてきたとして、不自然だったり不完全燃焼だったりするんじゃないかと。











でもまぁ、KEYのことだから、そこら辺を上手くやるんだろうなぁ。

前回のクラナドでは他のゲームの様な、ルート分岐した途端に他のヒロインが出てこなくなるってんじゃなくて、関係した人はちょろちょろと顔を出すってな形で、物凄く複雑なチャートを完成させてきたし。




期待汁。


まあ、言葉にすると糞長いけど、これぐらいの事は直感とか無意識で感じ取りながらエロゲーをやっているわけだ。

じゃないと、話の伏線なんて見えてこないし、




ageやnitro+の作品にゲロ吐かされる。
やー、自分がわけわからなくなって動転しちゃってただけでした。

良く良く考えれば、十分に指示は貰えていたのですね。

全然、キチンと冷静になってみれば大した事は無かった。

私、やっぱまだまだだなぁ。

うん。

他人を責めるよりも、まず自分を責めろ。

自分の誤解や勘違い、思考が停滞していないかどうか。

うーむ。

初日から勉強になったわ。

ボスに非は無く、私が馬鹿なだけだったというオチ。

本当に見苦しい。
成功への鍵は如何にして自分の成長速度を効率的に上げ続けるかという事に他ならない。

基本的に、出来る上司は二次関数的に仕事を寄越して来るモノだから、例え10のスキルを得たとしても次の瞬間にはそれが当然として0と見なされる。

「今、10出来る様になったんだから次は30~40くらいは出来そうだよね?」

とか言ってくる。

人間、成長を止めた段階で追い抜かれて蹴り落とされる事が確定する。

故に、成長速度を上げること。

兎に角、生き残ろうと思ったらそれである。
一言で言えば、

「自分の限界や想像、予想の上限を引き上げてくれる人と付き合う」

と言うことだと思う。

自分に甘えたり、自分が頑張る……何て言うのは高校生までで、大学、企業なんて段階になったら、自分を酷使して必死で頑張る何て言うのは当然の事だ。

それも踏まえて、自分の交友関係や知り合い、コネと言うやつをどれだけ繋げて行き、それらの人から得られるモノも含めて自分の力としていくか。

自分だけで何かをやろうとしても高が知れているのだ。

初めてやるならば、それを長くやってきてノウハウを持った人に聞けばよい。

色々と指導を貰えれば、自力で同じ努力をして0からやるよりも圧倒的に早く仕事を覚えることが出来る。

つまるところ、成長と言うのは自分の限界、無意識的な上限をどれだけ引き上げ続けるかと言うことに他ならないので、

自分よりも遥かにデキる人から、どれだけそう言った無意識限界以上のものを引き出せる様に動くか、でもある。

当然、自分の実力や仕事の能力は正確に把握していなければならないし、それを踏まえた上で何処までヤバイ地雷原に突っ込んで行けるかというのが人の価値である。

自分が既に得た能力は、それをそのまま使っているだけなら「成長度」はゼロであるから、

どれだけ仕事が出来ても成長はしていない。

と見なされる。

それだと、出来る上司は

「成長速度で人を見る」

ので、いずれ限界を超える仕事を押し付けられて過労死や精神的に病む……などへと至る。

具体的には、自分よりも圧倒的にスキルや能力が上な人は、

自分が助力を頼んだ時にキチンと応えてくれる様に関係を確保して置くことである。

それは、相手が持っていない自分が持っているモノを如何に魅力的に見せるかというモノでもあり、相手を見抜く目を持っていなければやっていけないのだ。

友人に屑野郎がいる。

が、そいつも局面を変えたなら、

「コミケ歴戦の兵士」
「交友関係の安定感」

という長所を持ち、遊ぼうと思ったらそいつの能力を活用するのが一番効率的である。

また、彼が持つ能力で今の自分では持ちえないモノ。
と言うのもキチンと把握しなければ、人と面と向かって接する事など出来ない。

短所と長所はセットなので、短所が有るということは長所があるということ。

当然、そいつと付き合いながら彼が持つ能力を自分のモノとして身に付ける努力も怠らない。

そうしていると、どんなに偉い人でも、成長していない人は必ず追い越せる。

さて、人と接することについて書いたが、

これは当然、自分が持っていて相手が持っていないモノならば惜しみ無く、相手が望むなら教えることを意味する。

一方的な関係など有り得ない。

相手を頼る以上、何か別のことでは頼らせてやる気持でなくてはならない。

さて、次の注意点。

人を頼る事について書いたが、

次は環境を頼ること。

というか、人に頼れる様にするのもそうであるが、環境に頼れる様にしておくこと。

環境が悪いと気力が持続できない。

自分は頑張っているつもりでも、もっと良い環境で同じだけ頑張ったなら、やはり遥かに良い成長を見込めるのである。

「過酷な状況でなければタフネスさは産まれない!!」

いやいや。

んなもんは、既に持っているって前提だから。

話になりません。

死ぬほど頑張って、どこで息を抜いて高効率な成長を維持しつづけるか。

環境とは、住居、金、煩わしい作業や掃除、洗濯、食事などから、その時は付き合いたくない人や、自分が頑張っていたい事柄の足を引っ張るものを出来るだけ排除し、やりやすい、一番出来る環境を整えることである。

これに失敗すると、一番疲れる、気張らなければならないところで失速して失敗したりする。

非常に大切である。

仕事が忙しくなくなる中盤。

余力を環境に向けて整えることに向けたなら、それが山場での仕事に繋がるわけである。

この中盤とは、遊びであったり趣味であったり、キッチリやれるだけやっておくことでもある。

仕事の山場で遊ばないために、余力が有るときに必死で短期間に集中して遊べるだけ遊んでおくことでもあり、惰性で費やして良い時間など無い。

遊びも仕事の内というのは、そういうことだと思う。

いま、頑張っている貴方。

貴方の上限や目標を引き上げてくれる人と付き合っていますか?

自分が頑張れる様な環境をキチンと整えていますか?

私が今、言えるのはこれぐらいかなぁ。




まとめると、

1・コネは、コネを持った人から芋蔓式……2次関数的に広げて行くべし。


2・金や余力は、有る時有る内に設備投資。


浪費はするな。
投資をしろ。

ってことかにゃーーーwww
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。