上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何かを伝えたい。

理解したい、理解されたい。

しかし、それは甘えでしかない。

言葉でそれをやろうとするのは甘えだ。

何事に於てもコミュニケーションと言うのは必要となる。

意志疎通というモノに関して言葉無くしては成らない。

しかし、一度その枠組みから外れてしまえば、その紡がれた言葉は甘え以外の何モノでもない。

そもそも、言葉や文字というのは不完全なものである。

故に、感覚的なモノを伝えるには甚だ不向きであり、言葉に頼ること自体から抜け出さなくては本当に伝えたい何かを伝える事など出来はしない。

つまり、言葉で想いを伝えるという行為自体が、

自分が言いたいだけ、放り投げてオシマイなエゴの塊なのだ。

その癖、不完全で伝わるわけも無いのに、誰にも反応してもらえないと不貞腐れたり怒ったり悲しんだりする。

余りにも身勝手だ。

しかし、その身勝手さというのは私も非常に強く持ち合わせている。

毎日毎日、伝えらない事を理解した上で、それでも書かずにはいられない。

私が同世代と交す言葉は、意志疎通の手段としてすら満足に用を成さない代物である。

どんなに言葉を巧く扱ったところで、

そう。

相手が受け取れなければ放り投げるのと変わらない。

受け取るためのチャンネルが開いていなければ受け取ってはもらえない。

受け取ったモノを許容する受け皿が無いと伝わり得ない。
スポンサーサイト
自分を大切に出来ない奴に、他人を助ける資格はない。

誰も助けられないし、幸せにも出来ない。

他人を幸せにするために自分が幸せになろうとしても、例えどんなに事の中心にいたとて、お前のいる場所が空白になる。

他がどんなに満たされても、お前のいる場所が空白となってしまう。

満たされるモノが通りすぎる。

そして、人はソレを恐れる。

空白を。

気が付いても、直視してはならないモノが世の中にはある。

でも、良いじゃないか。

一人くらい、見ようとしてソレを見る人がいても。

白と黒の2色を同時に併せ持つ空白の中に、

もしかしたら、何かあるかもしれない。

空白が在るならば、そこが空白であるための理由が必ず存在するのだ。

……と、書いていたらいつの間にか寝ていた。

……電波過ぎて、意味が分からなくなっていた。
力がある。

魂から発せられた言葉は、耳や頭ではなく、腹に響いて残るのだ。

例え借りてきたモノだったとしても己がモノと出来たなら、その響きは腹の底へ残り胸を奮わせる音となる。

しかしまぁ、魂を揺さぶるモノと言うのは、音楽でも絵でも文章でも映像でも、全てに共通して疲れる。

非常に疲れる。

だって、聴くだけで振るわされるんだぜ?

あー、面倒くせぇ
体が疲れていると、心が元気。

心が疲れていると、体は元気。

大概がそんな感じだから、別に片方づつならどうにでもなるんだよなぁ……。

体が疲れていたら、もっと追い込んでさっさと終わらせてしまえば休めるわけだし、

心が疲れていたら、もっと追い込んでさっさと終わらせて決着をつけてしまえば良い。

そして、終わらせた上で元気な方を疲れさせるように動かせば、自然とそっちにバランスが行って釣り合いが取れる。

如何様になっても予測や覚悟しようもあるわけで、どうにでもなる。

一番大切なのは、体と心の両方を疲れさせないこと。

体が動いて疲れているときに、その勢いで余計にいろいろとやっておく。

心が疲れているときに、その勢いで更にいろいろと考えておく。

そうすると、事前に考えて心配してあるからこそ、何かあった時に一番大切な、最重要項目に沿って動きを止めずに対処できるし、

逆に体を動かしておいたからこそ、どんなに心が疲れていても本当にどうしようも無い状態にはならない。

だからこそ、念のために準備しておいたり余分な安全牌を確保もできるし、余計な
「どうなったらどうしようも無くなるか?」
「どうやったらより良く成功させられるか?」
なんて先のことも考えられる。

私の場合はこれが1ヶ月サイクルだけど、本当に頭の良い人は無意識でこれをやっていて、1週間とか1日とかで切り換えが早い。

故に動じないし理解力や思考の転換が早くなる。

私は体と頭って2つに絞り物理的に精神的に関連付けることでやっていこうとしているけれど、切り換えがもっと早くなれば明確な境目がなくなって、今は2つの分かりやすい状態が1つの安定した状態になってくれるんじゃないかと思っている。

しかしまぁ、それで安定はするかもしれない。

だが、楽しくはないだろうな。

うん。

多分、脳汁でないだろうし。
オウミヤ回路稼働率60%!!

行けます!!

と言うわけで、

仕事の原稿編集→製本業者への提出

が終わりました。

やー、いいよいいよー。

気持いいよーー。
学校の近くの小学校で

「運動会」

やってた。

久し振りに堪能した。
今の私の限界が見えている。

ただ、それだけだ。

それを打破する道も見えている。

ただ、本当にそれだけの話だ。

今の私では、所詮は言葉だけ。

その言葉に意義は無く、心はこもっても魂がこもらない。

私の言葉には、意義が無い。

恐らく、今の私と対極にあるのだろう。

だがしかし、それ故に手に入れたいと強く思う。

言葉には魂を込めることが出来るのだと。

心は込められても、想いを込められても、魂を込めることあたわず。

故にそれを求む。

私の言葉には、いずれは魂が宿るだろう。

何故ならば、強く飢えているからだ。

魂を欲している。

私の魂は、どこにあるのだろうか?
原稿編集のテイク2

何時に帰れるんだろうなぁ。

自分の作業進度次第か……。
腹の調子が悪い。

痛い。

体温が上がらない……。

これはキツイ。

ぐぅぅぅ。

寝不足に低温にストレスか?

あと、食が不摂生なのもか。
夜6~7時に家へ帰ってきて、そっから休憩や飯で3時間、ネットゲームで3~4時間、英語で3~5時間。

どう考えてもネットゲームが余計です。

どうもありがとうございました。

眠いし体調悪いし、仕事に支障が出てたら話にならないよなぁ。
昇ろうとするなら、必ず力を込めて踏みしめなければならない。

階段が崩れないか心配するなら、自然と下るしか無くなる。

しかし、そのどちらも、結局は同じだけの体重がかかっている。

つまるところ、昇るのも降るのも、その実で周りに与える影響なんて言うのは大差無いわけだ。

早く登り降りしたら当然の如く瞬間的に大きな力はかかるが、ゆっくりとやってもトータルでは同じだけの力がかかっている。

多分、そういうこと。
戦局が動き始めたら、
戦いを始めたら、

機動力を下げる様な要素は「普通は」切り捨てるわな。

それが一番、楽で簡単な道だし。

正直、こうなるのが分かっていたから何とかしたかったんだが。

これも一つの時間切れ。

自分の選択ではあるが、時間切れって事にしとかんと先に進めないものなぁ。

もう、これから先の数年は走り続けるしかない。

機動力を下げる様な要素がどんなに大切でも、一度切り捨てたらその後はゴミ箱行きだ。

その時に悲しんでいた自分ごと、ゴミ箱行き。

その時その時で必死に苦しむからこそ、次に進んでも違う形で取り戻すことが出来る。

思い出して慈しむことが出来る。

でも、それもまた、悲しい話だよ。
機械的になろうとも

もう疲れた。

考えることに疲れた。

毎日毎日、朝に起きては童心に還り、陽が堕ちては老衰してゆく。

毎日毎日、擬似的に産まれて死ぬことを繰り返している様な錯覚さえ憶える。。

何でかって、多分、環境の停滞に恐ろしく弱いのだろう。

私は。

それは、本来ならば多くの人が足場としている大地をえぐりながら進んで来たからに他ならない。

こうやっている間にも、自分の足場をえぐり続けている。

明確な形で一本の軸が欲しい。

誰とも心を通わせず、一人で生きるのは辛すぎる。

別に理解はしてくれなくて良い。

ただ、そこに居てくれれば良い。

それだけで、私は満たされる。

そこに居てくれるだけで、存在を感じられるだけで十分なのだ。

でも、やっぱり、近付き過ぎて焼き殺してしまうことが一番恐ろしい。

だって、相手のことを良く知るためには、壊れるギリギリまで追い詰めてみるのが一番なんだから。
といっても、現在試行錯誤中。

mp3プレイヤーに英語のニュースとか10秒くらいの文を読んだものを大量に詰め込んで一日中、仕事中も流し続ける。
当然だが和文無し。

家に帰ったらDSのトーイクテストで単語をやる。

飽きたら、攻殻のバイリンガル版コミックを読む。

それも疲れるので、NHKの「英語でしゃべらナイト」を数話見る。

それも疲れるので、英字新聞「ジャパンタイムス」を読む。

流石に遊びたくなってくるので、再びmp3で英語を聞きながらネットゲーム。

正直、とっさに日本語が話せなくなる。

と言うか、日本語の組み立てが出来なくなると言うか……。

まー、しかも単語力が無いので英文を読めてはいない。

なんとなくフィーリングで何を書いてあるのかイメージしているだけなので、それを日本語で説明しろと言われるとキツイ。

でも、続けて行くしかないんだろうな。

単語に力点を置くと言うか、単語の表すモノがイメージ出来ないのがキツイ。

でも、単語の意味とか和訳に力を入れても英語自体を理解は出来ないので、兎に角分からなくても数を叩き込む。

本当に、徐々にだが楽しくなってきた。

冗談抜きで英語攻略。

やったらやっただけ、少しずつでも前進して行く。

あー。

気持ち悪い。

馬鹿なことをしたいよー。

まともなことをしていると、気を狂わせたくなる。

はぁ……英字新聞読むか…。

毎日見開き2ページとかノルマ出されたけど、普通の新聞と同じ速度で読もうとしたら殆んどイメージでしか捉えられないっての。

それに、大したことは書いてないし……。

まぁ、そうなったら攻殻のを読むんだが、そっちは観念的過ぎて日本語の表現ですらお手上げというwww

あー、とりあえず、何も目標が無いよりはマしか……。
器用貧乏な人には無理な道がある。

特化型の人には無理な道がある。

しかし、万能への道を目指したならば二つの道は合流して一つの道へと繋がる。

故に、私は万能を目指して特化する。

私だけで完成するのではなく、私が属する環境を全て合わせて万能を体現したい。

要するに鍵だ。
世界の鍵だ。

さぁ、頑張って英語やるかなぁ。
寝ようとすると落ちてピカーゴロゴロドーン。

その度にビクッと体が反応する。

瞼が微かに開くが、眠すぎてまたすぐに閉じる。

そしてピカーゴロゴロドーン。

寝かせてほしかった。

眠いよー。
終わったんすか?工事、昨日

良く良く考えれば、そういう話し方をする人っているよね。

英語とかをやっていなくてもさ。
大半の奴は、彼女が出来て結婚が迫るまで金なんて貯められないもんだ。

と、昨日言われたが、結局は使う目的あっての「貯める」だよなぁ……。
友人と英語の点数の上げ方、英語の語学力の上げ方を相談してきた。

やっぱ、この人凄いわ。
私が、仕事と英語とで頭や気持ちの切り替えが遅いということを、……言わせない。

会話を先読みされて、意図しない方向に持っていきつつ、ひたすらに「やり続ける」という前提での会話をしてくる。

明らかに、こちらが話そうとする会話の展開や終着点を理解した上でミスリードしてきている。

それが良く分かるのが、時計をチラッと見た瞬間に「じゃあ、今日はここれぐらいにしておきますか」と切り出してくること。

手の動きや視線を読んで会話の内容を変えてくるところ。

会話の呼吸、視線、抑揚、思考時間、手や表情をしっかりみられている。

何が凄いかって、私が話したい内容と違うことを話しているにも関わらず、

その会話をすること自体が私のしたい会話の答えになっているところ。

いやー、この人は頭の回転数が違うわ。

私はまだ気配を察知するだけ。

その先に引っ張る様な会話なんて出来ないもの。

天然なのかねぇ。

いやぁ、凄いわ。
安心して着いて行けるものなぁ。

多分、私が今どれだけの量、どれだけの時間を英語に費やしているか殆んど正確に把握されていると思う。

いやー、周波数が合うって素晴らしいな。

その会話の内容ではなく、その会話自体をする意味を込めて来る相手ってのは、こんなに気持ち良いものなんだね。

本当。

会話が出来るって素晴らしいわ。
体の調子が悪い。

一言で言えば「食生活の不摂生」

ここ1週間、気持ちを励起させ続ける為に食生活や家事をやっていなかったが、こういうのはすぐにガタが来る。

気持ちを励起させ続けたままでいるというのは案外難しい。

いや、頭の切り替えが遅く、自分を甘やかす人間にとっては難しいと言った方が良いか……。

事務…というか総務的なバイト
論文なんかの英語
受験用の汎用的英語

この3つをカチカチ切り替えて行ければ良いのだが、絆をやったりネットゲームをやったりと言う方が敷居が低い分で流れやすい。

どんどん無駄な時間が流れていく。

それにイチイチやる気を出さなければならないのは、悲しいかな私の実力ゆえ。

こうやって文字を書くことすら、正直な話、余計な時間である。

本当に受験に挑みたいなら、こんな無駄な日記など書かずに英単語の一つでも憶えるべきだし、頭を切り替える為に気合いを入れるなどした方が次の行動を効率的にできる。

本当、やる気は出せないし無駄だらけだ。

ちくしょうぅ。
脳の切り替え。

意識の切り替え。

集中の1次段階、2次段階。

短期継続の1次段階、2次段階。

長期継続による3次段階。

環境依存。

3次段階での増減。

3次段階まで持っていくための環境。

ヤル気、熱意での環境依存度変化。

ヤル気を維持させる。そのための環境作り。

集中が2次段階へ行きやすく。意識する。

短期スパンでの継続、2次段階を維持する。

長期継続による3次段階ての環境依存度の低下。

要するに、如何にして3次段階まで持っていきつつ同時に2次段階を継続させるか?

やれる様に環境をイジル。

障害となる事象が来る前に2次段階のままで3次段階を継続させられる様に対処。
失うことを恐れて、手にすることが出来るモノなど無と、自身で吐いた言葉を忘れていた。

随分とゆとりの毒に侵されていたもんだ。

随分と立ち止まっていたモノだ。

さぁ、戦いを始めよう。

何度目かなんて覚えちゃいないが、

黒紫の焔に身を焼かせる時だ。

今度こそ、焼き尽して魅せたい。
2つ前の日記でああは書いたけど、

一朝一夕で身に着くモノなら世界中が作家で溢れてっからwww

難しいからこそ愚痴になっちまう。

正直、今は愚痴りたくてしょうがねぇし、我慢さえしていない。

あと何十年か書き続けてやっと手に出来るもんだwww

誰でもってわけじゃなく、精進を続けて手に出来る様な職人の領域よね。

むっずかしいなぁぁぁ。

わっけの分かんねぇ様な一人よがりのオナニー劇場しか出来ねぇモノなwww

所詮、どんなに言葉を見繕ったって、誰かの為になんて書いちゃいないもの。

ストレス発散のアイテムとしてしか書くことを使えない。

そりゃ、受け入れられる道理が無いし、自分で後から読み返しても後悔しかしない。

所詮はストレス発散。

自身で割り切れない小数点をここにぶつけているだけ。

だからこそ、それをより巧く昇華させられる職人に憧れてしまうんだろうけどさ。

自分に出来ないことをやっているからこそ、やれる様に在りたいと思うしね。
1は、全てを割り切れる。

絶対に割り切れないモノなど無いし、端数が出ない。

四捨五入せずに済むから楽である。



しかしそれは、孤独な数字だ。
9999と10000と10001では近似することが可能だが、1と2の世界では近似する事が出来ないし、1と3では尚更だ。

もし∞への道を目指すなら、自分から見て端数になるモノは全て切り捨てなければ在り得ない。
もし1への道を目指すなら、全てのモノと近似されない孤独に耐えなければならない。











でも、人は、∞の底無し沼を良いものとする。
人は、1の孤独を悪しきモノとする。



1と∞の間は、やはり∞なのだ。

だからどうだと言うわけではない。

ただ、そうなのだ。
心底、思い知ったわ。

思い知らされた。

人に向けて何かを出す。

何かを伝えると言うのは、けっして愚痴や悲鳴であってはならない。

苦い思いがあったとしても、それを呑み込んで夢や希望を抱かせるような何かへと昇華させきらやければならない。

多分、それがプロの意地やプライド、誇りなのだと……。

私の日記は、結局、餓鬼が能書き垂れて愚痴っているだけである。

本当。

清々し。
ただ、居場所が欲しい。
思考に、言葉に、文字に、アニメに、ゲームに、

現実と向き合う振りをして自分を誤魔化して逃げるのも、いい加減に克服しないとな。

このままじゃ、何も成せないよ俺。
くひひひひひひあははははははは!!!!!!

これだよこれぇぇぇぇえ!!!!!

ネットゲーム7時間耐久で不眠のまま、6時からマクロスFを通し見。

脳汁でてきたあああああああああ!!!!!!
何か、無償にネットゲームが始めたくなった。

それも、今までやったことのない新しい奴を最初から。

これは、不味いね。
うーぱー。

なんか、ブログに載っける日記がじゃりじゃりしすぎな感じがしてきたので、超久し振りにゆるゆるしておきますか。

いやね。

実は絆SNSの方には毎日3~5日記くらい更新していたりするわけだけど、そっちに出せないじゃりじゃりした日記をこっちに出すもんだから、

それはもう、じゃりじゃりしてます。

誰か読んでる人がいるのか分からんけどwww

足跡を見る限り、一日1~2人は見ている模様。

恐ろしい過疎っぷりですねwww

正に、ネットの四隅的ブログです。

まぁ、今はこう言うブログが沢山沢山あるのでしょうね。

ま、趣味ですから。

気にせず載っけて行きます。

それはそうと、明日、明後日とお休みなわけです。

つーわけで、メタな日記が出てくるんじゃないのかなぁとか。

糞日記警報ですよ。

分かりますね?

と言うわけで、今回はここら辺で。
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。