上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人と、社会と、己の狭間にある矛盾。

欠けることでしか得られない、寂しい道を選ぶ覚悟はない。

全て欠けることのない、全てを手に入れる道。

私は、私の世界は、何も否定したくない。

全て受け入れ、全てを励まし、全ての背中を押す。

ただ、幸せが欲しい。

一人だけではなく、少人数でもなく、全ての人に幸せな……。




自分を犠牲にしてはならず、他人を犠牲にしてはならず、全てを犠牲にしてはならない。
選んだ道も、選べなかった道も、気が付きすらしなかった道も、全てを呑みこんで、先へ。

自分を大切にしすぎれば、社会と他人が犠牲になる。
他人を大切にしすぎれば、自分と社会が犠牲になる。
社会を大切にしすぎれば、他人と自分が犠牲になる。

社会と他人を大切にできても、自分を取りこぼす。
他人と自分を大切にできても、社会を取りこぼす。
自分と社会を大切にできても、他人を取りこぼす。

私の世界からは、そんな、取りこぼしや犠牲を無くしたい。
私が世界から取りこぼされたからこそ。

私の世界を手に入れたい。

自己満足ではなく、
綺麗だけではなく、
優しさだけではない。



そんな、満たされぬ3つの中心を見つけ、
心だけでもなく、体だけでもなく、頭だけでもなく、

私が、一つの世界になりたい。
この世界の終りを探して。



そんな、
綺麗で、優しい、自己満足な戯言。

夢。
スポンサーサイト
難しい。

体が全然に伴わない。

やってない。
出来るか出来ないかギリギリの目標を掲げている癖に、さっぱり勉強していやしない。

甘えている。
世界を舐めている。

逃避だけは一人前。

くっそも役に立たない。

理由は、多分、自分から逃げ続けているからなんじゃないかと思う。

自分のためと言うお題目で何かをやることが出来ないのだ。

自分で自分の行動を制御出来ていない。

結局、また1週間以上腐っていた。

話にならない。

半月頑張って、半月腐る。
月齢に似た周期で燥と欝を繰り返す。

欝だけでは維持できず、極端な燥になってしまう。

燥だけでは維持できず、極端な欝になってしまう。

何かの前には燥になり、何かの後には欝になる。

燥状態の時は何だって詰め込んで出来るけど、欝状態の時には何にも出来ていない。

空転と接地を繰り返し、激しく磨耗して行く。

ああ、月が哭いている。
今日も電波が降りてくる。

時も場合も場所も選ばず、

勝手気侭に降りてくる。

ぶるぶる揺れる。

ぶるぶる奮える。

電波が脳をぶ~るぶる。

着信一件。

世界が揺らぐ。

鼻水出るよ。

涙も出るよ。

揺れた脳味噌、汁まみれ。

ぶるぶるするよ。

ぶるぶるしたよ。

受信があります。

世界も揺れます。

脳味噌揺れたら、

ぶーるぶる。

今日も電波が湧いてくる。

時も時間も昼夜も問わず、

勝手我儘湧いてくる。

ゆらゆら揺れる。

ゆらゆら奮える。

脳が電波をゆーらゆら。

発信一件。

世界を揺らす。

鼻血が出るよ。

唾液も出るよ。

揺らした脳味噌、汁まみれ。

ゆらゆらするよ。

ゆらゆらしたよ。

送信しました。

世界が揺れた。

脳味噌揺ゆれたら、

ゆーらゆら。

受信が一件

ぶーぶーぶるぶる。

送信一件

ゆーゆーゆらゆら。

受信が一件

ぶーぶーぶるぶる。

送信一件

ゆーゆーゆらゆら。

受信が一件

ぶーぶーぶるぶる。

送信一件

ゆーゆーゆらゆら。

受信が一件

ぶーぶーぶるぶる。

送信一件

ゆーゆーゆらゆら。

いつでも世界は汁まみれ。

僕は世界と交信するよ。

いつでもどこでも交信するよ。

だからいつでも汁まみれ。

世界が歪み、世界と歪み、世界へ歪み

ぶーぶーゆーゆー。

ぶらぶらするよ。

ゆるゆるしたよ。

だから幸せ。

僕は幸せ。

きっと世界も幸せだ。

不幸せなら、

送信しよう。

世界はきっと、

答えてくれる。

送信100件。

受信も100件。

毎日世界と送受信。

あれ?

でもこのアドレス……。

僕のアドレスと良く似てる……。
全然順調じゃない罠。

英語は伸び悩み、時間も増やせてない。

授業もパッとしない。

基礎化学的な事もダメダメなままだし、安心できる要素はこれっぽっちも無い。

さて、どうしたものか。

やるしか無いが、そんな根性論でやれたら現状にはなっていないのだ。

もっと根性を維持するための方法論と打開策、そして行動し続けること。

常に新しいものへ挑戦し続けることでしかモチベーションを維持出来ないのなら、常に新しいものへと翔び続ける翼が必要だ。

より激しく、より過酷に。

刺激的なら何だって構わないさ。

まぁ、取り合えず、

今やっている刺激的なことを喰らい尽しましょう。

飽きるまでね。
女性化した自分を犯しまくる夢を見た。

両方とも自分なわけで、2つの感覚が同時にシンクロして混線するという不思議な感覚。

ぐちゃぐちゃに喰う感覚と、ぐちゃぐちゃに喰われる感覚。

混ざり合い、溶け合い、どちらがどちらか分からなくなってもむさぼり続け、白と黒、陰と陽が混ざり灰色にる感覚。

一と一が交わり零と∞になる感覚。

一人で二人のサバト。

そこに、世界があった。
自分が一つ、満たす度。

私の世界から一つ、欠けてゆく。

自分が一つ、欠ける度。

私の世界が一つ、満たしてくれる。

満たされた故に欠けたのか、欠けた故に満たしたのか。

月の様に、潮の様に。
先日、東京タワーへ初めて行った。

展望台へ登り、一望。

……。

耐えられんよ。

残念ながら。

剥き出しのエゴを具現化した様な光景に、美しいとも醜いとも着かない剥き出しの我が儘さを感じた。

物凄い存在感。

物凄い圧迫感。

魔力のある夜景。

これも東京か。
何度つまずいてもいい。

何度小さなことでつまずいたって、その度に挽回を素早く出来るようにしたら良いのだ。

立て直し、体勢の取り直し、つまずく度により素早く出来るようになれば良いのだ。

つまずかない様にすることも確かに大切だ。

しかし、考えて意識して頑張っても駄目なら、それでも頑張れないなら別のことで取り戻すしかない。

難しいなら、別のことで補えば良い。

誰かに手を借りたって良い。

誰かに迷惑をかけたって、本気でやりたいなら押し通れば良い。

押し通るしかない。

この世界は、現実はゲームとは違う!!

一つの目標を達成するためなら、いくらでも方法はある!!

自分の道を、見付け出せ!!

出来ない人間なんていない。

やり方を間違って、そこでいじけて逃げているだけだ!!

自分だけの道を!!

自分だけの生を!!

You are only one.

There are road of you .

If you do not give up only you, you will meet it .

Your world that axis is you exist in this world .

Believe you whom you believe!!

兄貴ぃぃぃいい!!!!!
別に勝てなくたって良いんだよ。

負けてしまって何が悪い。

私はそんなことなんてどうでもいいんだ。

死にたくない。

活きていたい。

活きていることを認めて欲しい。

それが私の原動力。
肉も食ってないや。
文章を書く気にならない……。

野菜……食べてないなぁ。
そうは思っても、なかなか体が動かない。

自分のルールに沿わないものや、どう考えても理屈の通らないもの。

そういうものは、どう頑張ったって心や頭が拒絶するもの。

心を生き残す為に。

まぁ、そういうのを我が儘って言うんだろうね。

肉体を酷使する様なことでも、心さえ活き活きしていればなんだってやれる。

でも、心を酷使させられたら体が元気でも何も出来なくなる。

普通の人は大人になるほど、緩慢に心を殺すすべが洗練されていく。

そう思えてならない。

だから、心を殺して行く流れの中にも関わらず我が儘を続けている私は目の毒なのかもしれない。

それは、他者には得難い長所である。

しかしまぁ、そんなんじゃ駄目なわけだ。

今の私に何が必要かって、ある程度までは努力し心を殺す振りを見せた上で、誰かがやりたいことを成功させて魅せること。

その上でハッキリと、
「これは最初から間違っている」
と言わなければならんのだろう。

まぁ、口じゃ言えても……。

実際にやるのはシンドイんだよなぁ。

楽しくねぇもの。

楽しまないと。

楽しけりゃ人間、なんだって言われる前にやっているから。

くっそー。
今に見てろ教授。

真っ向から喧嘩売ってやるわ!!
最近、どうでも良い感じ。

飢えてはいるのだろうが、良く分からん。

電池が抜けた様な感じ。
研究室つまんないー。

英語飽きたー。

楽しんでるんだから水さすんじゃねぇよ糞ド低脳共ガッ!!

つまるところ、簡単にしたらこういう事です。
私が悩むことって、その悩む行為自体が現実逃避なんじゃなかろうか?

悩むよりも動いた方が早く、悩む価値は大してない。

やりたくないから真剣に悩むことで、その悩んでいる時間は何もやりたくないことをやらない。

そのための言い訳として悩んでいるだけ。

要するに、盛大な思い込みと自己正当化の手段が悩むこと。

しかしまぁ、ある程度までは騙せても、分かる人には簡単にバレてしまうわけだ。

言い訳やご託だけ立派でも、現実問題として体を動かしてはいない。

全てに飽きて、途中で放り投げて逃げる。

うーん。

改善するためにはただ一つ。

考えるな。

疑問を持つな。

信じろ。

やれ。
不味いね。

不味い不味い。

建て直さないと。
今日の話で、

1、もう学校が見えて飽きている

2、性格が素直過ぎる。

3、自分は絶体に偽らない。

4、頭のリソースが足りなくなってくると、体が向いた方向に行ってしまう。

自分に正直すぎるんだよ。
私は。
イニシアチブを握ると楽である。

自分の得意な分野に持っていけば、それは楽な戦いができるだろう。

だがまぁ、攻め続けるのは、受け流しや返しといったスタイルに弱い。

すぐに底を見られる。

根本を折られたり、足下をすくわれる。

故に、最近は主導権を相手に渡したままで相手に合わせるようにしている。

自己を主張せず、呼吸に合わせて波紋をつくる水のように。

まぁ、たまに津波になりたくなるけど。

我慢するわけでもなく、無視するわけでもなく、真剣なわけでもなく、不真面目なわけでもなく、勤勉なようでそうでもなく、やれるのかと思いきや駄目なものは駄目で、出来ないと思いきや難無くこなしたり、

つまりまぁ、脱力。

ただ、飽くまで攻めに回れるという経験があってこその脱力であり、本当に攻めなければならない点に関してのみ、全力を発揮する。

それが、脱力。

だらだらとしつつ、コッソリ締めるところは締めておく。

眼は光らせておく。

まぁ、最近、別に攻めに回る必要もないんじゃないかと思ってねぇ。
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。