上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己の中に潜り、どうでも良いことを真剣に考える振りをして自己を騙す。

安易な方向に楽をしたいだけなのだ。

覚悟も、情熱も、実力も、知力も無く……。

能力を持てるはずが無い。

何かを出来る能力が無い。
何も出来ない無力感。

何もやらない脱力感。

常に逃げ続ける逃亡感。

小さい。
スポンサーサイト
一度でも逃避を自覚して受け入れてしまえば、それは逃避を知るということだったのだろうな。
やっぱり、甘えてんだ。

じぶんの都合の良いように場合場合でころころと言うことを変えて、自分に世の中に甘えてんだ。

あー。

楽なことと、楽しいことを履き違えている。

役に立たないオンマイワールド

何処にいっても甘えから抜け出せない。

くそったれ!
なんか、悪い意味で慣れてきた。

今の環境に。

や、英語は依然としてやれてないままなんだけど……。

駄目だなぁ。
未だ見果てぬ夢を追い、

その暇さえ咎と成し、

ただ一握の幸せを想う。

その手にしたい理想はありますか?
じぶんに、

きよく、ただしく、うつくしく

つよく、やさしく、うるおしく

あつく、あかるく、いとおしく。

JR、AQUAの広告。

たまに見掛ける広告に込められたセンスに脱帽する。
前回は15日ほどだらけた。

今回は10日ほどで気が付けた。

だが、先月の中途半端だった期間を合計すると15日。

半月ほど遊び、半月ほど気合いを入れる。

まるで月に左右されているかのような錯覚を覚える。

こんなんじゃ駄目だ。

折角、ここまで1年かけて自分のお膳立てをしてきたのだ。

こんなところで、自分に負ける分けには行かない。

詰めだ。

追い詰めろ。

寝起き、帰宅後、睡眠前、

主にその3つのタイミング。

緊張が無い時間。

残り……3ヶ月。

3ヶ月の内に体勢・体制を…習慣を身に付けなければ。

その為に、追い詰めよう。

自分を。
自分で自分を裏切り続けるというのは、さすがに辛いな。

自分を騙すのが上手いのか、それとも自分を信じられるのか。

それでも何も得られない悔しさと、自分で信じたことを自分でぶち壊してしまう悔しさと、虚言しか吐けていない悔しさと。

もう自分は何も得られないんじゃないかという絶望と、この先ずっと自分に裏切られ自分を裏切り続けるんじゃないかという絶望と。

人と接しながらも絶対的に交わり会えぬ溝。

合わせようとしても合わせられぬ感覚と、無器用さ。

何で意地を張っているのか……。

いや、意地を張りたいわけではなく、そうせねば生きられないだけ。

どうしても交わらない、感覚の差。
どうしても埋められない、経験の差。
どうしても理解されない、見る力の差。

私の孤独。
人間と言う生き方の絶対的な孤独。

ただ一人で背負わねばならぬ、誰にも背負わせてはならない、人であるが故に背負わねばならない領域。

まーーー。

気にしすぎだけど。

一度でも知ってしまえば二度と抜け出せない……忘れることが出来ないのが、

「知る」
という行為の不可逆性だから。

しょうがない。

変化を止めることとは即ち生きることを止めるということ。

どんなに苦しくても辛くても、生きて進み、変わり続けるより他に無い。

あー、甘えられる対等な彼女が欲しい。
ここ数日程、マヴラブオルタのSSを読みあさっていた。

奇妙なモノで、そもそもオルタの主人公たる白銀武は平行世界の可能性がいくつも合わさった存在である。

そんな彼の話が、それこそ書き手の数だけ存在している。

読み手である私も、10を越えた辺りから記憶が怪しくなり、どの話がどの設定だったかなどと言う情報がごちゃごちゃになり始めた。

ふと、2回目の武もこんな感じだったのではと思った。

関連付けられない矛盾をはらんだ世界樹をしめす。

なんと、悲しい事だろうか……。
イージー。
人混みの中を歩く。
比較的避けれる。

と言うか、他の人が避けてくれるので楽。

ノーマル
早足で歩く。
そこそこ出来る。

まぁ、セッカチな人に見られるかも。

ハード
駆け足。ジョギングで。
人の密集度次第では、回避不能になり詰む。

正直、迷惑以外の何物でもない。

ベリーハード
車道。

ピチュると……。
昨日の晩御飯を抜いたら、風邪を引いた。

研究室での研修、事務仕事、英語論文。

自宅でのトーイク用の英語勉強。

そして、遊びたいとも思う。

一つ一つはキャパオーバーしないが、トータルで見るとギリギリである。

仕事後、研究室に11時近くまで残って英語をやったり、家に帰って英語をやったり。

と言うわけで、ほぼ毎日外食である。

食わなければ動けなくなる。

食わなければ心が折れるのだ。

今、風邪を引いて思う。

何だ…自分、こんなことも出来ないのか。

この程度なのか……。

ちなみに、今週の日曜からトーイク専門の英語教室に通う予定だ。

まだ、私の限界を見れてはいない。

私はもっとやれる筈だ。
忙しいんだけど、まだ睡眠時間6時間確保しているところや2~3時間程度のネット巡回はやっちゃってる所を見ると、

死ぬほど忙しいってわけでもないか。

いや、本当はもっと忙しく時間を切り詰められるはず。

だって、いつもヤルと決めたことは無意識の内にやっているのだ。

覚悟か足りんなぁぁー。
まー、最近忙しい。

仕事があって、英語があって、研究室の研修があって、それだけやったら遊びたくもなる。

残念なことに、強制力の強い順だと、

仕事
研修
英語
遊び

となるが、希望する所は、
仕事
英語
遊び
研修

である。

要は、全部をキッチリこなせば良いのだが……。

そこでネックになってくるのが「遊び」に他ならない。

と言うわけで「遊び」のお話。

結論の出ているの所から言うと、

学生の遊びは、時間や気力、体力が必要であるが金はかからない。

まぁ、学生らしい遊びであろう。

しかし現状、私には時間も気力も……金もそんないにない。

体力はまぁまぁだ。

そうなると、今までの様な学生の遊びバッカリもしていられないのである。

難しい。

非常に難しい。

仕事や勉強の息抜きに、
「よし!明日も頑張るぞ!!」
となる様な遊び(趣味)でなくてはならないわけだ。

まぁ、いまのところ思い付くのは、温泉&銭湯巡りだろうか?

これは、親の趣味だったので来週からでも始められるだろう。

しかし、如何せん金がかかる。

SPA系だと、東京近郊では2500円ほどかかる。

まぁ、試しに一辺行って見ようと思っているが、やはりそれ以外の趣味も新しく欲しいところである。

まぁ、彼女でもいれば日曜に何処かへ出掛けたり、ダラダラしたり、ヤル気も出そうなモノだが。

難しい話である。

それにしても、精神力(ヤル気)と体力を回復する趣味はねぇのかなぁ。

食事で体力は回復するけど、気力は回復しないものなぁ。

下手すると、逆に欝入って気力が減りかねないし。

兎に角、気力を回復する為の遊びとは、思い切りの良いモノで無ければならない。

思い切ってヤレるからこそ切り換えも早くなるし、すぐに次に移れる。

もう一つの問題が、自己満足に浸れること。

趣味をけなされたり妨害されることほど気分の悪いモノは無い。

気力減である。

ストレスで発狂しかねない。

毎日、30分くらいで満足できる趣味。

無いものかねぇ?
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。