上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現実に向き合えば、幻想の中にある自分が削られて行く。

社交的では無い私が、何とか活きようとして選んでしまった道が「その半身を幻想に置く」というモノだったのかもしれない。
可能性という未知に酔い、他との差違を振り払って目を背けてきたのだ。
やるかやらないか。
自分を甘やかすか戒めるか。
ただそれだけだと言って精神面を黙することで、他力本願で甘えた根性を幻想の中に押し込んでいたに過ぎない。

「自分はいらない。何も出来ない。無駄だ消えてしまえ」っていう諦めを10年近く抱えてきている。

けど、それじゃあ苦しすぎた。
捨てるものを決めれば、その分だけ身軽に、気楽になる。
捨てているという意識によって緊張感を出せば、何とか人並みギリギリ(アウト)くらいに来れた。
社会に出れるかもしれんと思える様にもなりはじめた。


多分、今また、オーバーフローしてんだろう。
全部を上手くやろうとして空回ってんだ。
精神論が行動に直結してっからねw

今、また、何か捨てるモノを選ばなきゃならんのだと思う。
普通の人が普通に出来ることを、また何個か選ばなきゃならんのだろう。
放り捨てて、そうしなきゃ動けなくなっちまうんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。